今すぐ借りたい、ココなら必要なお金がすぐ用意できますよ。

ギャンブルで消費者金融で借金と思うのはダメ!

ギャンブルで消費者金融を利用するというのは、言ってしまえばもう崖から落ちた後なのです。
助かる可能性はほぼ0といってもよく、一般的に見れば完全に駄目人間の所業です。
後はいつ債務整理(自己破産)するかどうかの問題で、その頃には人間関係も殆ど切れているのが現実です。
では、社会的な部分や倫理的な部分を除いて駄目な理由を考えてみましょう。
これも単純で、借りたところで返せないからです。
ギャンブルで消費者金融というのは、つまり次のギャンブルの為の資金を借りている訳であり、勝たなければ返済もできません。
ただその前に、勝てるのならばそもそも消費者金融でお金を借りていません。
矛盾していると思うかもしれませんが、負けるような賭け方や行動をしているからこそ借りる羽目になったのです。
大袈裟に言えばその手持ち金が10万円であっても100万円であっても、ギャンブルをやっている人が同じやり方ならば負け続けます。
本人の実力の問題であり、金額は全く関係がありません。
つまりいくら借りても結果は同じであり、借りる借りないの問題ではないのです。

 

ギャンブルの借金感覚

そしてこれは微妙な差なのですが、ギャンブルでお金を借りる人は他の理由で借りる人より借金感覚がありません。
それも当然本人にとってはあくまで勝つ為の一時金であり、使う気など無いのです。
ここがギャンブルをやっていない人には理解し辛い感覚ですが、例えば5万円借りた人は5万円使う気はありません。
精々最初の1万円の投資で勝って負け分を取り返す想像(もはや妄想)をしていて、その都合のいい想像は当然ですが現実になりません。
そして5万円を使い切った後に、後5万円借りて10万円勝つという発想に至ります。
どうしてこんな事になるかというと、勝つ事しか考えていないからです。
正確に言うと限りなく負けた後の事を思考から追い出していて、勝負している自分を肯定する為に勝つ事しか考えないようにしているのです。
負けた自分を強く想像していては、そもそもギャンブルができません。

 

お金が欲しいのではなく、ギャンブルで勝ちたい

ではあえて、借りたお金を返してもまだ余裕が残るくらいの大勝をしたとしましょう。
普通の人なら、崖を登り切って生還したようなものですから、もうここでおしまいです。
しかしギャンブルに染まっている人は、返済後も余剰金を全てギャンブルに使います。
酷い人に関しては、軍資金が減るのを嫌がって返済すらしません。
おかしいと思うのは当然ですが、正常であれば消費者金融で借りる前に有り金を無くした時点で止めているのです。
お金がないのにギャンブルをする状態までなっている人は、お金はあくまでギャンブルの参加料であって、目的はギャンブルそのものをする事なのです。
借金をしていようが、財布に余裕があろうが行動は変わりません。
そして消費者金融はこの手の中毒者を飽きる程相手しています。
法改正前はパチンコにハマった主婦で溢れていて、夫の方に返済させる前提でお金を貸していたのです。
過払い金や自己破産が有名になる前には、一番の上客でもありました。
法改正されるのも、当然といえば当然です。
今はギャンブルが原因では消費者金融でも借りれませんし、債務整理(自己破産)も通らない可能性もあります。
ギャンブルが原因の借金など、その後の救いはもう何もないのです。