消費者金融・キャッシング・滞納

消費者金融で滞納したらどうなるの?

消費者金融会社で滞納をすると、デメリットしかありませんのでやらないことをオススメします。まず、消費者金融会社からお金を借りると、借りた日数分だけ利息が発生しますので、延滞しただけ余計に利息をとられます。

 

次に、延滞をすると利息とは別に遅延損害金が発生します。これは非常に高額なため、やはり余計な費用を発生させずに返済をするのならば延滞はせず、返済日に余裕をもたして返済をした方が無難です。

 

できるだけ早めに返済をし、元金を減らすとその分だけ利息も安くなりますので、結果的には債務者には得になります。延滞をしてもメリットはなく、むしろ早めに返済した方がメリットは大きいのです。そして、延滞には経済的なデメリットに加えてもう一つ、信用におけるデメリットが存在します。

 

消費者金融で延滞をするとその記録が信用情報機関に残ってしまいます。これが連続して続くと返済能力に問題のある人、つまりブラックとして扱われてしまうようになるので、今後不動産ローンを組めなかったり、クレジットカードで決済できないなど、日常生活にも悪い影を落としてしまうのです。

 

しかし、返済日までに返済をし、予定よりも早く完済をすると信用情報機関での評価は高くなりますので、お金を借りても延滞はせず、ルールを守って返しましょう。

 

借金滞納・時効

 

借金をした場合、時効は10年になります。ただし、キャッシングの場合は通常の借金と契約内容が違うため、時効は5年になります。そのため、キャッシングをしたお金を5年間払わずにいると時効ということで返済の義務が消失することになります。

 

借りる側にとって都合の良い時効の制度ですが、もちろん時効による債権の消失は金融機関にとって損失以外のなにものでもありませんので時効を中断させるためのあらゆる措置を金融機関側はとります。

 

時効の中断をするとたとえ4年と11ヶ月経過したとしても再びゼロにリセット、中断時から5年が経過しない限り時効によって借金の滞納分が消失することはありません。この時効の中断をするためには債権者側、つまり金融機関が返済要求をする必要があります。

 

返済要求とは督促状の送付や電話での連絡ではなく、裁判所を通じて行われるものです。返済要求をすると裁判所を通じて書類が送付されるようになりますので、それをもって時効は中断されます。

 

時効によって借金を消失させるためには返済要求などによる中断がされずに5年間滞納し続けないといけません。さらに、たとえ5年が経過しても採用手続きをしない限り借金は消失しませんので、時効を援用するのにはクリアすべき難題が複数存在します。

 

滞納してずっと放っておくとどうなる?

 

簡単に結果からいうと、どの消費者金融・銀行でも融資が受けられなくなります。
そして延滞金の特別利息と共に返済総額が延々と膨れ上がっていく事になります。

 

表向きの結論としてはそれだけですが、基本的に滞納してそのまま放置し続けるのは不可能です。
当然法律の範囲内で電話も手紙も来ますし、無視し続けようと思ってできることでもありません。
在籍確認時に確認した職場にも連絡は行きますし、夜逃げするくらいしか追求から逃げる方法はないでしょう。

 

借金→ホームレスという例が無いわけではありません。
ただしこのルートでホームレスになってしまった場合、ずっとそのままになってしまいます。
その後何とかして連絡先や住むところを確保したとしても、待っているのは請求電話です。
素人が夜逃げして逃げきれる程、今の世の中は不透明ではありません。
特殊な場合を除いて、簡単に調べられてしまいます。

 

当然そんなことをする意味もありません。
どうしても返済が難しい場合は債務整理の手続きになりますし、自己破産すればその借金も帳消しになります。

 

なので本当の結論としては、そんなことは不可能だと言った方が正しいでしょう。
借金の時効というものもありますが、それは10年間相手側から請求がない場合にのみ成立します。
身内友人の借金ならいざ知らず、銀行や消費者金融でそんな事はありえません。

 

返済に苦しむと夜逃げのような考えが浮かぶかもしれませんが、まずは弁護士に相談しましょう。
日本の法律は借金に対しては様々な解決法があるので、借金が返せないからといって人生が終わることはありません。