闇金でしか借りれないと思った貴方、中堅消費者金融で借りれるとしたら?

パチスロを攻略するならどうしたらいい?パチスロ生活をするには。

パチスロ攻略というラインがどのラインかにもよりますが、ここではパチスロ生活を成立させる方法を解説します。
が、決してやろうとは思わないでください。
あくまで勝つ為の方法を簡単に解説しますが、これを実際に実行するにはまず働けません。
12時間以上毎日パチンコ屋にいる必要があり、そのための軍資金も大量に必要です。
それを実行した先に待っているのは、企業で働けない身体(精神状態)と長期間のブランクです。
賭けているのはお金ですが、それ以上に犠牲にしているのは自分の未来です。
定年退職、もしくは大量貯金と共にリタイアした方が参考にしてください。

 

都心に引っ越す

いきなり馬鹿なと思われるかもしれませんが、パチンコ店はまずライバル店がいなければ出しません。
近くにお店がなければ、多少酷くても中毒者はそのお店に向かいます。
出さなくてもお客が来る形態になっている地域は、まず勝つ可能性がありません。
代表的な生活地域としては、東京・大阪・愛知です。
その他にもお店の密集地であれば、ある程度は期待できる状況にあります。
まず移動可能範囲に20店舗は店がないと、パチスロ生活は成立しません。
田舎の数店舗など、探したところで勝てる台は存在しないからです。
そして当然ですが、そこまでする意味もありません。
たまたま密集地に住んでいる方は、ちょっと攻略してみるかという程度で考えてください。

 

出ているお店を探す

前提として、出ているお店=お客の多いお店ではありません。
純粋に大当たり回数が他のお店より明らかに多いという店舗を、数店舗自力で見つけ出してください。
見回っている内にわかりますが、明らかに働いてないであろうタイプの人が数人いつもいる店があります。
毎日お店に来て長い間打っていて、常に知り合いと連絡を取っているような人がいたら、暇な大学生かパチスロ生活者です。こういう人達がいる店=勝てる店の可能性が高くなります。
人によってはこの手の人達と友好を深めるという手もありますが、呆れかえるようなトラブルが連発するのであまりお勧めはできません。
当たり前の話ですが、パチスロ生活者で人格者等という人は極少数で、どこか危なげな人が大半です。
地域の話にも関わりますが、環境によってはこのような店舗が一つもない地域もあります。
勿論その気なら引っ越すのもアリですが、割に合わないといえるでしょう。

 

機種の特性を覚える

条件を両方とも満たしていたら、現状機種の知識をある程度覚えましょう。
機種によっては天井があったり、設定が分かってしまう特殊演出があったりします。
そういう細かな知識を把握した上で、常に勝てそうな店舗を見回りながら打ちましょう。
閉店前は良い台が空くことが多いので、21時以降は常に店内を探している必要があります。

 

できる人は馬鹿らしくなり、できない人は溺れていく

最後は精神的な話になりますが、勝てる人ほど我慢と押し引きが上手い人になります。
駄目な時は店にいながらも打たないで待ち続け、自分が決めたラインを越えたらすぐに諦める。
そういう要領の上手さを最大限に駆使して初めて、パチスロで勝てると言えるほどの収入になります。
しかし、それが無理なくできる人は大体はあまりの割の合わなさに止めていきます。
それ程今のパチスロは勝ち辛く、またパチスロ生活者が多いのです。
では今残っているパチスロ生活者というのは何なのかといえば、昔に勝ってこの道を進んでしまい既に後戻りできなくなった人々です。
勝てた時代からすると40〜50歳の人が多く、20代からパチンコ屋生活のせいでもう転職も難しい。
今は食えないけれど、昔の貯金でじっとしているのも暇だ…そんな人達が今のパチスロ生活者です。
ほんの一時期だけですが、確かにパチスロだけでマイホームが買える程稼げる時代がありました。
その時に乗った人々が良かったのか悪かったのかは何とも言えませんが、今からパチスロ生活を始めるのは絶対にやめておいた方が無難です。