消費者金融でブラックリストに載った

ブラックリストとは

ブラックリストに載るという言葉を聞いたことがある方もたくさんいらっしゃると思います。

 

たくさんの消費者金融や金融会社でお金を借りて返せなかったことがあったり、滞ってしまったり人は要注意です。

 

ブラックになったのか?と思うのは一体どんな時でしょうか。

 

買い物に便利なクレジットカードが作れなかったり、ローンを組みたい時に無理だったときなど、審査が通らなくてひょっとしてあの時の・・と心当たりがあったりするもの。

 

過去にお金をキャッシング会社、金融会社でお金を借りて長い期間の延滞をしたり債務整理をして自己破産をしたりという手続きを行った場合、相手の会社から見れば信頼を裏切られたということになります。連帯保証人が代わって払ってくれた場合も情報は流れます。信用情報機関にこの情報が登録されるので「事故をした人物」として登録されてしまうのです。

 

ブラックリストというもの自体は存在しないのですが、このように「この人にお金を貸した時に、裏切られました」という内容が登録されることを一般的にブラックリストに載っているとなります。

 

ブラックリスト確認方法とは

 

消費者金融を利用する人にとって自分が「ブラックリスト」かどうかは気になる物ですよね。
特に問題無く返済していればまず心配は要りませんが、何か月か続けて延滞していたり、多重債務の人は要注意です。

 

「ブラックリスト」に載っているかどうかは、開示請求をすれば確認できます。
「ブラックリスト」はあくまでも通称で、正確には「個人信用情報」と呼ばれています。
この「個人信用情報」のリストを管理しているのは日本に3社あるので、それぞれの会社に開示請求をすれば良いのです。

 

郵送でも可能ですし、行けるのであれば直接行っても請求できます。
手数料は数百円程度掛かるそうですが難しい手続きでは無いので心当たりのある人は一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

もし、リストに載っていたとしても審査の緩い消費者金融でなら新たなキャッシングも可能ですのでご安心ください。

 

ブラックリストの情報開示について

 

キャッシングを利用した事のある人ならば「ブラックリスト」の噂を聞いたことがあるかと思います。
「ブラックリスト」というのは通称なのですが、金融機関で共有している「要注意顧客」のリストは本当に存在します。

 

それは「個人信用情報」のリストです。
このリストを扱う会社は3社あります。
キャッシングをしたり携帯電話の割賦契約を結ぶ時「個人信用情報通知の同意」が必要ですが、あれに同意すると、この3社に情報が行くのです。

 

自分がブラック扱いになっているかどうかは、これらの会社に開示請求をする事で調べられます。
手数料や必要書類など、細かい決まり事はそれぞれ違うようですが、郵送や代理人による手続きも可で難しいことは一切ありません。
気になる人は調べて置いて損はありません。

 

金融ブラックはいつ消えるの?

 

金融ブラックになるとお金が借りれなくなるといったデメリットがあるので、クレジットカードにしろキャッシングにしろお金を借りたら返済日を守って必ず返済しましょう。どうしても返済日までに間に合いそうにないときも、一度電話で連絡をするなりしておいた方がよく、そうすることが金融ブラックにならないための有効な対策になります。

 

しかし、そのような対策をしていても金融ブラックになってしまった場合には、消えるまで待つ以外にできることはありません。金融ブラックは延滞したお金を払ったからといって消えるものでもありませんし、借金を完済しても消えません。時間だけが金融ブラックを解決できる唯一の方法なのです。

 

金融ブラックになるとだいたい5年から10年と長期にわたってその記録が残り続けます。その間は不動産ローンを組めなかったり、クレジットカード決済ができないなど様々な障害が発生します。

 

ちなみに、どのような経緯で金融ブラックになったのかによっても、事故情報の記録が残る期間が異なります。例えば自己破産のような債務整理が原因の金融ブラックの記録は7年から10年と、他のケースと比べてもより長く金融ブラックが残りますので、債務整理になるまで借金は放置せず、早期に解決することが正しい借金との付き合いになります。