生命保険を担保

保険からお金を借りるって出来る?

お金を借りるときに担保となるものといえば土地や家屋、自動車など高価な資産が対象となることが多いです。そして金融の世界では知られざる意外なものを担保にお金を借りることができます。例えば、毎月支払いをしている生命保険も実は担保にすることができます。

 

生命保険を担保とした借金とは、生命保険の解約返戻金を担保にお金を借りる契約者貸付制度のことです。これは各保険会社が提供している融資サービスで、解約返戻金の7割から9割に相当する金額を保険会社が貸し出す制度のことです。

 

この制度を活用することで、いざお金が必要になったときはすぐにお金を借りることができます。解約返戻金が高額であればあるほどそれに比例して借りれる金額も高額になるので、どうしてもお金が必要というときはキャッシングを利用する前にまず現在の生命保険の解約返戻金の額をチェックしておくことをオススメします。

 

生命保険の契約者貸付制度のメリットは生命保険を担保にお金を借りることができることだけではありません。その金利の低さこそが最大のメリットになります。

 

生命保険の契約者貸付制度の金利はキャッシングと比べて非常に安いことがほとんどで、銀行よりも低い金利で借りれる場合もあります。

 

どうせお金を借りるのであれば返済の負担は少ない方がよく、契約者貸付制度はキャッシングよりも断然メリットの高い融資サービスになります。

 

生命保険契約者貸付制度とは?

 

生命保険に限った話ではないのですが、保険の積立金を担保にお金を借りられる制度があります。
基本的には解約返戻金の70%〜90%と言われていて、金利は大体1.5%〜6.0%という超低金利で融資を受けることができます。

 

メリット

 

審査がないことです。
解約返戻金がある積立型の保険に入った時点で、ある意味保険契約者貸付制度の審査にも通過しているともいえます。
申込手続きが完了すれば、大体は1週間以内に融資されるでしょう。

 

もう一つは当然ながらの低金利です。
消費者金融の金利が大体18%前後なのを考えると、比べるまでもありません。
100万円借りたとしても、1年の利息が6万円で済むのです。

 

また解約返戻金から融資額は判断されますが、本当に保険を解約する訳ではありません。
備えとしての積立は別に確保したままで、問題なく返済すれば何事も無く終われるのです。

 

基本的に、担保というのは目に見える信用です。
無担保で収入から判断する消費者金融の融資と、なにかトラブルがあった場合担保でどうにかなる可能性がある担保系ローンとでは大きな差がでます。

 

とはいえ、消費者金融の利息設定が高いのは事実です。
これでもグレーゾーンが無くなったため、多少昔より下がっているのですが…。

 

積立型の保険に入っていて、急にお金に困った場合は利用してみましょう。
すべての保険タイプに適用される制度ではありませんが、気付かず消費者金融で借りるのとはかなり利息が違います。

 

生命保険契約者貸付制度の注意点

 

注意点というよりはデメリットですが、これも多少ながら存在します。

 

契約者本人のみ

 

保険ということで誤解してしまいがちですが、この制度が利用できるのは契約者本人のみです。
生命保険でいうと、受取人側はこの制度は利用できません。
当然だろうと思うかもしれませんが、意外にある勘違いなのです。

 

融資金額は積立金次第

 

融資金額は解約返戻金の70%〜90%です。
当然、積立金が多ければ多いほど有利なわけで、保険加入の1年目〜3年目程度では大した金額にはなりません。
あくまで若い頃から地道に積立をしていて、ある程度の金額が貯まっている人向けのローンです。

 

総額が解約返戻金を超えた場合、保険が失効する

 

何かしらのトラブルで利息+元金が解約返戻金を超えた場合、保険そのものが解約(失効)になります。
当然ですが、保険料は借金とは別に毎月払う事になるので、こちらも2ヶ月以上未払いになるとトラブルになります。
特に生命保険等は受け取る際の金額が高額なので、これで失効してしまっては過去の努力が水の泡です。

 

とはいえ、失効自体はそれ程例はありません。
元々超低金利で借りているので、普通に仕事を続けていれば返済に困るということはほぼありません。
この金利で返済が厳しくなるのであれば、消費者金融での返済など100%不可能です。