ギャンブルがしたい、でも家族にも友達にもお金が借りれない人へ

ギャンブルでお金を増やす事は出来るのか?

前提としてここでいう「増やす」とは、それで生活しているという意味として考えます。
中々人によって解釈が分かれる話ではあるのですが、とりあえずはできないと言っておいた方がいいでしょう。
長い目で見れば最終的に負ける人が多いからこそ、ギャンブルというものが成り立っているのです。
正確には少数ながらギャンブル生活の人もいるけれど、わざわざそんな生活をする必要はどこにもないという事です。
種類別に見ていきましょう。

 

投資

 

海外ではメジャーな、所謂投資家という人々です。
これをギャンブルではないと考える人は多いのですが、一番わかりやすい例なのでここでは投資全般をギャンブルとして考えます。
日本でも投資家生活で暮らしている人は少数ながら存在します。
ただし夢見るような生活ではなく、常に胃を削るようにチャート画面を見続け、離れていても今どうなっているかが気になって仕方ないという方が殆どです。
というのも、どのタイミングでどう動くか分からないものなので、突然儲かったり大損したりします。
基本的に精神的に落ち着かない生活であり、やめない限りは幾ら資産を持っていても安心できないのが投資です。
精神的には会社で雇われている方が絶対楽であると言い切る方も多く、また地獄に落ちる人の数もトップクラスです。
個人で億単位のお金を持つ事も可能ではありますが、勝てる人はそう多くはありません。

 

宝くじ

 

ギャンブルと捉えられていないもの第二弾です。
こちらは種類的にも完全にギャンブルなのですが、そう考えられていない理由は単純で、殆どの人が失ってもいいレベルでしか買わないからです。
大体の人は1万円以内で夢を買うと考えて、当てる為に買っているのは間違いないのですが、多くの方が本当に当たるとは思っていません。
寄付と似たような感覚であり、当然ですが必勝法などありません。
完全に運が良いか悪いかだけの世界です。

 

公営ギャンブル

 

競馬・競輪・競艇・オートレースの事を指します。
極々少数ながら、これで生活している人も中には居るようです。
ただし、多くの方は昔の貯金で遊んでいるというのが正確です。
公営ギャンブルは、総売り上げに対して払い戻し率が決まります。
つまり、レースが正常に行われた時点で運営側と税金分の利益は確保されていて、そこから余った分を配当金として倍率に振り分けるシステムになっています。
単純に言えば参加人口が多ければ多い程倍率が高くなるシステムなのですが、現在の公営ギャンブルはボロボロです。
競馬はまだ何とか耐えていますが、競艇と競輪は年々参加人口を減らしています。
オートレースは昔から少なかったのでそれほど変わりません。
参加人口が多かった頃は、本命に大金を張るスタイルも何とか通用しました。
二倍前後の大本命に10万円以上を賭けて、確実に固い所を取っていくスタイルです。
しかし今となっては1.5倍以下になる事も多く、大金をかけるメリットが薄くなっています。
そして何より、健全化と称して遊びのイメージを強く推すようになりました。
勿論それは良い事なのですが、遊びで来るお客の掛け金は、精々1レース100円〜1000円です。
勝っても負けても懐が痛まない勝負で楽しむスタイルであり、倍率に影響するほどの売り上げにはなりません。
大勝負する人間は異端となっていき、今ではレジャーとして楽しまれるのが主流になりました。
これに上手く乗れたのが競馬で、競艇と競輪はどうしても乗り切れなかったのです。

故に現在公営で暮らしていける程稼いでいる人はほんの一握りで、昔の鉄火場時代に稼いだ人が余剰金で遊んでいるのが殆どです。
とはいえ今はインターネットで買えてしまうので、実際どうなっているかは分からないのが現状です。

 

パチンコ・パチスロ

 

2016年現在、そしてこの先の未来を考えて断言できるのは、パチンコ・パチスロではもう無理だという事です。
昔はそれこそ投資家以上に、これで生活しているドロップアウト組が大勢存在しました。
しかしそれはあくまでお店側が出す調整をしていたからこそ成立していたもので、倒産寸前のパチンコ業界において暮らしていける程安定して勝つ人は、もう居なくなります。
理由は単純、もうお店が出さないからです。
1割の大勝に対し9割の負けで補う今のパチンコ店の設置台は、運だけでその年の収支が200万円以上変わってしまう程極端な性能になってしまいました。
そして社会的にも曖昧な立ち位置にいたパチンコが、近年警察の指導により相当締めあげられています。
極論ではなく近い内に無くなってしまう可能性すらあり、5年後はどうなっているか分からない業界です。
代わりにカジノができる可能性もあるのですが、今の時点では何とも言えません。

 

ギャンブルはやらない方がいい

 

どのギャンブルにしても、当然ですが勝つ可能性はあり、宝くじ以外はそれだけで生活していける望みも僅かにあります。
しかしそれは夢見るような生活ではなく、できるだけ社会と関わらずに立ち回るアウトローの生活です。
そして共通して言えるのは、いつ大負けしてその生活が終わってしまうかは誰にもわかりません。
それは法改正であったり、時代の変化であったり色々ですが、常に突然終わる可能性を含んでいます。
そんな生活がしたいと強く望まない限り、ギャンブルそのものに近づかないことをお勧めします。