大手では審査に通らない方もお金借りれる所があるんです

水商売、お水でも借りれる金融はどこ?

消費者金融は、収入のある人なら誰でも申込みOKですが、誰でも審査に通るとは限りません。
審査に通りにくい職業というのもあり、代表的なのが水商売です。

 

給料は多くても10年20年と続けられるお仕事とは違いますし、トラブルに巻き込まれるリスクも普通の会社員より大きいというと言うような理由でしょうか。
キャバクラや風俗を運営する会社の中にはこういった審査に通りやすくする為に、普通の仕事をしている人のように見せかける「アリバイ」を作っている所もあるそうですが審査をしっかりする消費者金融なら見破られてしまうかもしれません。

 

そこで水商売の人には、審査基準の緩い消費者金融へのお申込みをお勧めします。
街金や、中堅規模の消費者金融が狙い目です。
全体的な基準も甘く、それぞれの会社が独自の判断で可否を決めていますので水商売でも問題なく借りられる会社もきっとあるでしょう。

 

水商売は借りにくい?

 

結論から言いますが、とても借りにくいです。
扱いは勿論自営業で、さらに当たるかどうかの差が激しいので、借りにくる時点で返せるかどうかが怪しいといっても過言ではありません。

 

またとても多い例なのですが、大体は水商売で稼いでいる事を周りに隠しています。
両親や友人に隠している分には問題ないと言えなくもないのですが、多くは確定申告もしていないパターンなので、表面上扱いは無職になります。
在籍確認でも、収入証明でも躓く例が多く、勿論消費者金融側も飽きるほど見てきた事なので融資はしません。
とりあえず、源氏名と本名は両方伝えておきましょう。
店の事情も絡むと、事前に店側にも消費者金融の利用を伝えておかなければ、在籍確認もかなり苦労することになります。

 

そして不安定な職業なので、納税面や収入証明面で問題がなくても審査には通り辛いです。
大手は言うに及ばず、中堅でも扱いに差が出るでしょう。
完全お断りと決めているところもありますし、あくまで本人の収入次第というところもあります。

 

ただ、大体の方は兼業なので、パート・アルバイトでも別の職が昼にある場合はそちらで審査してもらいましょう。
勿論融資額は雀の涙になってしまいますが、審査の時点で断られる事はなくなります。

 

水商売で働く女性がお金に困る理由はこんなケース

 

前提を覆すような結論ではあるのですが、水商売を職業として選択する時点でお金に困っているというのが正確です。
勿論環境や本人の希望で水商売を選ぶ人がいない訳ではありませんが、全体的に見ればそのようなケースは極少数です。
若い人ほど環境のせいで困りやすく、社会人に慣れている方は自身の浪費が原因の場合が多い傾向にあります。

 

大体はスタート時点からお金に困っているのですが、人によってはすぐにお金には困らなくなります。
芸能人ほどではありませんが、水商売は基本的に人気商売です。
指名や本人の人脈の作り方次第では、同年代の社会人の方では到底届かない年収を得ることも可能です。

 

ただし、水商売はその絶頂期のまま抜けられる人もまた少ないのです。
特に1年目で大きく稼ぐ人の理由は、慣れてない感じが良い、若くて元気があるのが癒やされる等、本人の実力というよりは持って生まれた才能に依るところが大きくなります。

 

そうして得た高額収入は、生活レベルも大きく引き上げてしまいます。
勿論人気が続いていれば問題ありませんが、水商売でずっと人気を保ち続ける人はごく一握りです。
しかし、一度染み付いてしまった贅沢は中々元に戻す事ができません。

 

水商売の方がお金に困る一番多い例は、金銭感覚が戻せないせいで陥る浪費です。
慣れれば慣れるほど収入は落ち着いていき、どこかで贅沢を止めなければ高収入なのにお金が足りなくなるという事態に陥ってしまいます。

 

また必要経費面でも、普通の人より服や化粧代が多めに掛かるのも事実です。
アルコールを飲みながら昼夜逆転の生活を送るので、健康面も余程気を使わないとあっという間に病気になってしまいます。

 

出世で考えると分かりやすいのですが、一般職の場合は年数が経つごとに収入も上がっていきます。
それに合わせて生活レベルも上がっていきますが、社会人としてのキャリアも積み上がっているのである程度の自制が可能です。

 

水商売は極端に言えば社長(人気絶頂)からスタートして段々と適正の立場に戻っていく職業です。
社長レベルのまま続けていくのは難しく、また若い内に大金を得てしまうので自制も厳しいのが現実です。
優しい先輩がそれとなく止めてくれると良いのですが、女社会の中でも競争が激しい所なので、中々穏やかな日常とはいきません。

 

できることなら、お金に困って入った人は借金返済で引退しましょう。
何となく若いうちから入った人は、短い間だけ可能な小遣い稼ぎだと割りきりましょう。
水商売でお金に困るのは、良くも悪くも自業自得なケースが多いのです。