大手では審査に通らない方もお金借りれる所があるんです

モビットは専業主婦でも借りれるのか?

専業主婦とは、定職に就かず、家事に専念する主婦を指しています。パートやアルバイトをする主婦は世の中にたくさんいらっしゃいますが、専業という言葉が付いた主婦は、無収入の主婦ということになるのではないかと思います。

 

モビットが定義する、申し込みが可能となる条件は、20歳以上65歳以下、定期的収入がある人です。これだけを見ると、専業主婦が独自で借入をすることは不可能ということがすでに想定できます。しかし、貸金業法を見ると、総量規制の例外として、専業主婦(主夫)は配偶者との合算で、年収の1/3を超えない範囲で借入が可能とされています。

 

ただし、借入の際は、配偶者の同意書、婚姻関係を証明できる書類、配偶者の年収がわかる書類の提出が必要とされています。実際はどうでしょう。消費者金融などの金融機関は書類の整備などの複雑さや、事務作業の多さの割に儲からない専業主婦への貸し付けをコストカットの意味で削減、ストップさせたいという意志を露わにしている様子が伺えます。

 

モビットの条件を見ても判るように、無収入であるということがイコール返済能力の欠如であり、申込自体が出来ないという理屈がシンプルに理解することもできます。貸金業法の改正以来、配偶者に内緒でお金を借りるということが専業主婦には困難な時代となりました。

 

どうしてもお金が必要となれば、パートや仕事に出て稼ぐ以外にお金を借りることは難しいかもしれません。しかし、パートに出ればお金は借りなくて済むかもしれません。専業主婦をやめて働く主婦になれば事態は改善できる可能性が大きいです。

 

モビットはどんな金融なのか・・・

 

モビットは規模でいうなら大手消費者金融で、大きな特徴は特定条件下における在籍確認の回避です。
全ての申し込みをWEB上で終わらせることができるので、人によってはとてつもないメリットといえるかもしれません。

 

ただし条件として、三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必要です。
加えて社会保険証か組合保険証を持っている必要があります。
在籍確認を避けるというよりは、在籍確認する必要が無いというのが正確なところでしょうか。

 

ただしWEB完結するとキャッシングカードが発行されないのでATMが使えません。
利便性を考えると、契約時にはWEB完結したとしても結局カード発行をすることになるとは思います。

 

基本的には、大手消費者金融が持っている全ての要素は備えています。
即日融資はもちろん、ATMも完備されています。
が、これはモビットに限らず全ての大手消費者金融でも同じなので、メリットというほどでもありません。

 

デメリットとしては、ほんの少しだけ金利が他の大手より高めです(18.0%)
しかし、17.8%と18.0%の差を考えるなんてことは、基本消費者金融の利用額範囲では気にするものでもありません。

 

あと、無利息期間は今のところ存在しません。
元々プロミスの独占状態でしたが、大手でも少しづつ広まっているので将来的にはどうなるかは未定です。

 

元々三井住友銀行の口座を持っている方は、モビットを試してみては如何でしょうか。
正直大手はもう差がないに等しいので、好みや感覚で選んでも問題はないと思います。