年金でお金を借りる

年金でお金を借りる

年金でお金を借りることはできません。銀行や消費者金融会社の多くは申込者に対して年齢上限を設けていることがほとんどで、あくまで働いている人を対象としています。仮に年齢上限に触れなかったとしても、そもそも年金を根拠にお金を借りることが法律上認められていませんので、不可能です。

 

総量規制と呼ばれる法律がある昨今、貸金業者から借りれる金額は年収の三分の一まで制限されています。そして年金はここでいう収入には該当しませんので、たとえ年金による年収が非常に高額であってもお金を借りることはできません。

 

このような事情があるため、もしも現在借金を抱えているという人で、定年が間近ならば早めに借金の問題を解決しておくことをオススメします。

 

一旦退職して収入がなくなってしまうと今後はお金を借りれるのは国や地方自治体だけになってしまうため、銀行や消費者金融会社からの借金が著しく困難になってしまうからです。

 

ちなみに、インターネットの広告の中にはたまに定年退職した年金受給者であってもお金を借りれるといった謳い文句で申込者を募る業者も存在しますが、基本的にそのような業者は悪質なヤミ金業者であることがほとんどですので、利用はオススメできません。

 

お金の問題は老後まで残さないことが経済的に安定した人生を送る秘訣になります。

 

年金生活者は消費者金融で借りれる?

 

結論から言うと、年金生活者は消費者金融で融資を受けるのは相当困難です。
ゼロとはいいませんが、殆どが無理でしょう。

 

そしてその理由は、収入面ではありません。
勿論年金生活の時点で融資可能な収入ではないのは事実なのですが、それ以上に各消費者金融は年齢制限を掛けています。
殆どの所は65歳まで、甘いところでも69歳までとなっています。

 

つまり、70歳以上は収入があろうと年金生活でなかろうと融資は受けられないのが現状なのです。
収入というよりは、病気などで亡くなられた場合の貸し倒れを危惧していると言った方が正しいでしょう。
勿論、70歳以上で年金生活の方に融資しても返ってくるとは思わないというのもあるでしょうが…。

 

現状、70歳以上の方は過去の資産を切り売りしている方が多いようです。
価値のある骨董品や、多少の金銭を借りるに値する担保(質に入れる)でお金を借りているようです。
ただし質屋はかなり金利が高めなので、実質質流れ前提での借金が殆どです。

 

実際に物を売りに行った方は誰もが経験していると思いますが、基本的に売却値段というのは買い叩きです。
例えそれが本当に価値のある品物だったとしても、期待している程の金銭は得られません。
もし値打ち物を質屋に売りに行く場合は、相当店を吟味しましょう。
大袈裟ではなく、100万円レベルの差額は簡単に出てしまいます。

 

高年齢で貯蓄が無いとこんな場面でお金で困る

 

実際の所、この先は誰しもが困る時代になっていると言っても過言ではありません。
今の法律制度は、大体80歳前後で寿命を迎えることを前提に作られています。
老後の貯金というのは、個人差あれど20年分あればまあ年金含めてなんとかというラインでした。

 

しかし、平均寿命はどんどん高くなり、生活が便利になった分需要は減り続けて収入は落ちていっています。
単純に10年をプラスして30年分の老後貯金が必要だとしても、それを不安なく持っている方は果たしてどれだけ居るのでしょうか。

 

しかし、現実問題高齢者になってから(定年退職してから)お金を貯めるのは相当厳しいのです。
なのに必要な分は10年分くらい上乗せされていて、手に入る収入は段々と減ってしまっている現状、老後の貯金対策を考えるのは30代〜40代からでなければ間に合いません。

 

現実的に一番困るのは、老人ホーム入居費用でしょうか。
それ自体が高額なのもありますが、地域によっては年単位の順番待ちで入れないという状態の所もあります。
お金があっても入れないのに、無くては余計に入ることができません。

 

保育園問題でも言えますが、ハッキリ言ってもうパンクしているのが現実なのです。
自分だけで生活していられるのがいつまでか、そればかりは何とも言えません。
現状、自分の老後資金も貯められていない30代〜50代が親の介護問題に悩まされるという例はとても多いのです。

 

結論としては、貯蓄がなくて困るのは間違いありませんが、あったとしても困らないという訳でもありません。
結局いつまで健康でいられるかという問題であり、今の社会の病理なのです。

 

年金を担保にして借りる(独立行政法人福祉医療機構)について

 

70歳以上の方が唯一借りられる方法として、年金を担保として融資が受けられる独立行政法人福祉医療機構というものが存在します。
融資金額は10万円〜250万円ですが、実際は年間で貰える年金総額以上は借りられないので、個人差の激しいものでもあります。

 

金利は年0.9%〜1.6%という超低金利であり、信用保証料というものを払えば、連帯保証人も必要ありません。
このご時世連帯保証人という言葉だけで怖いという認識があるので、ほぼ間違いなく保証料を払うことになるでしょう。
返済は1万円+αで、1万円は年金支給額から自動的に差し引かれます。

 

銀行や信用金庫等の金融機関に、「独立法人福祉医療機構代理店」とあればそこで申込手続きが可能です。
といっても探すにしても難しいので、年金の受取先に指定している金融機関に訪ねましょう。
ゆうちょ銀行や農協では不可能なので、基本的には銀行をメインに探してください。

 

違法業者もかなり存在します。
元々若干ボケが始まっているような、判断力が怪しいお年寄りをターゲットにした詐欺や闇金は多く存在します。
周りが気づいて止めなければどうにもならないのですが、違法業者もはじめから騙せる確信がある方を狙うので完全に防ぐのは困難です。

 

もし身内から年金を担保にした借金の話を聞いたら、即座に調べましょう。
現状は独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫以外は年金を担保とした貸付は認められていません。
というより、向こうから寄ってくる金融業者等ほぼ違法業者です。
高齢の一人暮らしの身内がいる方は、定期的に話を聞くことをお勧めします。