大手では審査に通らない方もお金借りれる所があるんです

金融で借りれない・断られた

お金を借りたいときにまず始めに利用する業者といえばやはり消費者金融会社になりますが、今まで一度もお金を借りたことがないのであれば心理的につい大手の知名度ある消費者金融会社を選ぶものです。

 

大手を選ぶメリットはズバリ安心感です。特に、消費者金融会社などは世間では芳しくないイメージのある会社になりますので、利用するのであれば誰も知らないような無名の会社よりもCMなどで有名な大手の方が安心です。

 

もちろん、それはそれで構いません。大手であろうと中堅であろうとお金を借りることができます。さらに、最近は法改正によって上限金利が低くなりましたので、昔のような法外な金利がとられることはまずなく、少ない負担で簡単にお金を借りることができます。

 

ただし、中堅と違って大手の消費者金融会社は審査が厳しいので、収入が低かったり、多重債務を抱えていたりすると簡単に審査で落ちてしまいます。
大手の審査で落ちた場合、たいていは別の大手の消費者金融会社に申し込みをしても意味はありません。というのも、大手は基本的にどこも似たような審査基準を設けているため、別の会社でダメならば他の会社もダメと考えた方が良いからです。

 

大手の審査に落ちたとき、もっとも有効な対策は中堅消費者金融会社に申し込むことです。中堅は大手と比べても格段に緩い基準で審査をしてくれますので、大手に落ちたことがある人でも中堅ならば審査を通過、お金を貸してくれるといったことはよくあります。お金がないと生活が困り、必要な出費も払えませんので、大手が難しいという人は早速中堅を利用しましょう。

 

お金が借りられないと悩んでいる

 

どこの金融機関を訪ねてもお金が借りられない。その理由をまず自分が理解することは先決です。

 

しかしまず、貸金業者からお金を借りること以外に方法を訪ねてみることも必要ではないでしょうか。公的貸付制度というシステムが有りますが、これは生活に支障をきたしている方たちへの資金の援助や貸し付けを行うものです。自分は公的貸付制度に当てはまるだろうか?という疑問は実は、1番最初に解決しなければならないことなのです。

 

CMなどであまりにも頻繁に見かけることになるキャッシングなどの情報で、頭の中は意外に洗脳状態となっているかもしれません。公的機関からの貸し付けは消費者にとってリスクの低いお金の借り方です。まずは担当機関へ問い合わせをしてみることから始めてみてはいかがでしょう。それに当てはまらないとなれば、次の手立てを講じる必要が出てきます。

 

貸金業者からお金が借りられないということは、一般的な消費者金融では同じように断られてしまう確率が高くなるでしょう。例えばブラックで借りられないという場合は、ブラックでも借りられる金融機関の選択をすれば融資は受けられることが有ります。但し、金利が高くつくことは想定しておきましょう。審査以前の申し込みの段階で断られる方は、条件を整える必要が出てきます。年齢制限を踏まえ、定期的収入の確保に努めるなど自分の努力で改善することが出来るケースも有ります。

 

申し込みブラックになった場合、3カ月は借入の申し込みは控えましょう。借入申し込みの3か月前は滞納や延滞の情報が審査に響くことも有ります。些細なことだと思いますが、金融事故はそんな小さな失態が大きなトラブルに発展します。この機会を転機として良い実績をドンドン積上げていきましょう。