専業主婦のキャッシング

主婦でも必ず借りれる消費者金融

専業主婦は大手の消費者金融では借りれません。パートやアルバイトをしていて収入があれば消費者金融で借りる事が出来ます。
専業主婦は収入証明書が無い場合でも銀行カードローンなら申し込み出来ます。

 

パートの主婦でも借りれる消費者金融会社は沢山ありますが、その中でも特にオススメされるのがレディースローンのある消費者金融会社になります。

 

レディースローンは女性のためのローンサービスになりますので、女性ならではの悩みや疑問にも柔軟な対応をしてくれるのが大きな特徴です。レディースローンのあるところは専業主婦への融資に対しても融通がききやすいので、借りるのであればここが一番です。

 

主婦がお金を借りるにあたって注意すべきポイントは、収入の有無です。主婦でもパートやアルバイトをしていれば、その年収の三分の一まで消費者金融会社からお金を借りることができます。

 

ただし、無収入の場合、配偶者の同意が必要になります。さらに、配偶者が既に借金を抱えていて、その総額が収入の三分の一を超える場合はこれ以上お金を借りることができません。あくまで配偶者の収入を参考に融資額が決まるということです。

 

その他にも、主婦に借金があったり、多重債務を抱えていたり、事故情報などのブラックの記録があるなど、審査落ちする要因が一つでもある場合には、同じレディースローンでも中堅クラスの消費者金融会社がオススメされます。

 

知名度の低い消費者金融会社はその分、審査に対して緩い基準をもうけているので、事故情報のある専業主婦であっても借りやすいからです。

 

専業主婦ブラックが借りれるキャッシングって?

 

専業主婦でも消費者金融会社のキャッシングに申し込むことはできます。ただし、申し込みをするのならばできるだけレディースローンが充実しているところがオススメになります。

 

レディースローンは女性を対象にしたキャッシングで、女性ならではの悩みや相談、心配事にも配慮したサービスを受けられます。もちろん、専業主婦の方にも配慮していますので、キャッシングについて相談したいことがあるのならレディースローンのある消費者金融会社を利用することをオススメします。

 

専業主婦がお金を借りるにあたって問題となるのは、専業主婦の収入の有無です。パートやアルバイトの収入のある専業主婦ならば、特に問題なくお金を借りることができます。ただし、無収入の場合はこの限りではありません。

 

専業主婦に収入がない場合、配偶者の同意の他に、配偶者にお金を借りれるだけの収入が求められます。いくら高収入であっても、既に収入の三分の一まで他社から借り入れているのであれば、それ以上の借金はできないということです。

 

配偶者の同意があり、なおかつ配偶者に借金がなければ大手の消費者金融会社はおろか、銀行からでもキャッシングを受けることができるようになりますので、たとえ専業主婦で無収入であったとしても必要に応じてお金を借りることができるのです。