土地を担保にするのは銀行との取引

土地を担保にお金を借りる事について

土地を担保にお金を借りるのは非常にオーソドックスな銀行との付き合い方です。現在所有している土地の価値が高ければ高いほど借りれる金額も相対的に高くなる不動産ローンを利用することで、キャッシングでは得られないような高額の融資を受けられます。

 

無担保無保証人のキャッシングは、万が一返済が不可能になった場合取立ての手段がほとんどないため、債権回収のリスクが大きいといったデメリットがあります。そのため、金融機関などの債権者側はたとえ債権の回収が不可能になってもそれほど被害を被らないように、貸し出す金額を少額に設定するものです。

 

その点、土地を担保にお金を貸す場合、たとえ債務者が返済不能になっても土地を売却したお金で債権を回収することができるため、債権回収のリスクが低いといったメリットが債権者側にはあります。

 

リスクが少ない分、高額の融資にも積極的になれるため、不動産担保ローンではキャッシングではできないような数千万円から億単位の融資も可能になります。

 

借りれる金額が大きい分、返済できなければ土地を差し押さえられるリスクがある不動産担保ローンは、債権者側にとっては非常に融資しやすいローンになります。もちろん、返済できないときの債務者のリスクは相対的に大きくなるので、不動産担保ローンを利用するときは返済できるだけの根拠と、その計画をきちんと用意することが望ましいです。

 

不動産を担保にしてお金を借りる事のメリット・デメリット

 

簡単に言うと、上手く行っている時は最高のローンである反面、何かで躓くとどうにもならなくなるローンが不動産担保ローンです。
勿論お金に困っているからこそローンという形をとるのですが、ギリギリの状態で不動産担保ローンに手を出すのはお勧めできません。

 

メリット

 

無担保では到底借りられない、高額の融資を受けられることです。
消費者金融ではとても手が届かない、500万円や1000万円というレベルの融資が受けられます。
返済期間も長めで、通常金利よりも低金利といい事だらけです。

 

デメリット

 

実際上記のメリットがあるのは間違いないのですが、不動産担保ローンは元々が分不相応である事が殆どです。
つま元々返しきれるような額の借金ではないのを、無理矢理担保で借りたとも言えるのです。

 

そして金利が低いと言っても、元金が大きいのです。
10万円の20%は割合で見れば高額に見えますが、利息そのものは大したことはありません。
しかし1000万円の5%は、例え5%であっても相当な利息になってしまうのです。

 

さらに返済期間が長くなるということは、高額の利息がずっと続くということです。
決して楽にのんびり返せるという借金ではありません。
これから長い間、超高額の借金を払い続けるという現実です。

 

そして当然ですが、払えない場合は担保が売られます。
遅延に対する判定は厳しいので、一度払えなくなるともうどうにも止まりません。

 

 

不動産担保を考える前に、そんなに借りて返せるかということを考えましょう。
ただでさえ長期の借金になるので、その返済は想像以上に辛い道のりになります。
安易に高額が借りられるからといって、気軽に手を出せるものではありません。

 

不動産を担保にお金を借りる時の使い道・金利・融資額ってどう?

 

不動産担保で借りられる金額は、ハッキリ言って担保に入れる土地や住宅の資産価値次第です。
大体は100万円からスタートし、それ以下の場合は不動産担保ローンとして成立しないこともあります。
上限は業者や銀行次第ですが、1000万円単位の融資が受けられる所も珍しくありません。

 

使い道は、借り換えや事業資金でなければある程度は自由です。
一応原則としてそう謳っているだけであって、実際はノータッチという所もあります。

 

最大の問題は金利です。
例えば楽天銀行の不動産担保ローンは、年3.46%〜9.36%、最大融資額は3000万円となっています。
勿論数字上は消費者金融や他のローンプランと比べれば確実に低金利ですが、3000万円となれば3.46%でも月の支払額は決して安いものではありません。

 

担保に価値のある不動産が入っている以上、融資額は確かに高額になります。
逆に言うと、返せるかどうかが怪しい金額帯でも、不動産担保ローンの場合は借りられてしまうという事です。

 

返済が厳しくなれば担保を売ってしまえばいいのですから、貸す側としてもあまり損はしません。
基本的には高額なほど融資側としても利益があるわけですから、ギリギリのラインまで融資しても問題ないのです。

 

故に不動産担保ローンの高額融資は、必ずしもメリットとはいえません。
自身に返せるかどうかは冷静に判断し、限度額一杯まで借りようと考えるのはやめましょう。
割合が低くても元金が大きいので、楽な返済生活には絶対になりません。