取り立てについて

借金の取り立て方法

「借金の取り立て」というと、恐ろしいイメージが付きまといますよね。
ヤクザが家まで来てドアをガンガン叩き「お金を返してください」と近所に聞こえるような声でわめいたり「泥棒」と書かれた張り紙をドアに付けられたり…。
酷い時には監禁されて暴力を振るわれる、なんて事も考えてしまいます。

 

一昔前までは実際にこういう取り立てをして問題になったりもしていたのですが、この頃のでは規制が厳しくなったので、道徳に反するような取り立ては闇金では無い限りしていません。
何度も電話が掛かって来る…程度の事はあるようですが、基本的には法的な手段で取り立てを行っています。
正式な書面で督促をする、と言うのが一般的ですね。

 

暴力とはベクトルが違いますが、法的な力も一般庶民にとっては怖い物です。
そんな取り立てをされない為にも、しっかりと返済期日を守って利用しましょうね。

 

消費者金融の取り立てってどんなの?

 

取り立てという言葉は過去の消費者金融のイメージで、今の現状としては電話催促です。
繰り返し繰り返し着信を入れて、利息だけでも入れてもらうように催促の電話を掛けます。
それも9時〜18時のラインがあり、それ以降は余程のことがない限り鳴りません。

 

パターンとしては、ここから2つに分かれます。

 

単なる払い忘れ

 

延滞金が加算される事を知っていても、意外に多いのが払い忘れです。
これでも繰り返せば延滞歴も付きますし、他の消費者金融で一切今後借りれなくなるリスクもあります。
遅刻癖と似たような感じで思っているかもしれませんが、後々で相当厳しいペナルティを背負うことになるのです。

 

意図的な逃げ隠れ

 

分かっていても払えない・払わないパターンの場合は、大体勤め先に電話が入ります。
勿論最初は知り合いを装って掛けるのですが、酷くなっている場合は延滞の事実をバラす場合もあります。
正直ここはグレーゾーンであり、実際にやっているかどうかは会社次第であり、またやっていても公式では否定します。
しかし、最初から逃げる気の人に払わせるには結局他人に知らせるしかないので、最終的にはそこに行き着くでしょう。

 

大体はここで払います。
会社内での立場もありませんし、あまりに何度も掛かって来るようであれば仕事も続けられません。
自宅訪問もあり、結局は逃げ続けることはできないのが現実です。

 

当然ですが、ここまでトラブルになった時点でもう他社の借り入れどころか、ちょっとしたローンも組めません。
結果払う払わないに関わらず、社会的な信用はもうおしまいです。

 

闇金取り立ては危険?

 

闇金は、利用するだけでも怖い物ですがもっと怖いのは返済が滞った時の取り立てです。

 

何しろ経営しているのが堅気の人ではありませんので相当恐ろしい目に合うでしょう。
普通の消費者金融では直接取り立てに出向くという事はあまりありませんが、闇金の人は遠慮なく取り立てに行きます。
本人だけで無く、実家や身内の職場まで調べて代わりに返せと脅したり、陰湿な嫌がらせをされる場合もあるそうです。
利用者同士を相互に保証人としてどちらかが蒸発したらもう一人が全て背負わされる、という事も実際に行われている違法な手口だそうです。

 

闇金は無審査で借りられるという事でつい安易に利用してしまう人も居ますが「使ったら最後」ぐらいに考えてください。
審査に通る自信が無いという人は、闇金などよりも、審査基準の緩い街金、中堅の消費者金融をおすすめします。