任意整理をお考えの方はココを読んでみて!

任意整理とは、弁護士や司法書士を通して借金の減額を交渉する事

 

任意整理とは債務整理の一種で、弁護士や司法書士を通して借金の減額を交渉する事をいいます。
基本的に3年または5年の返済計画を立てて、減額された分の借金を返済していきます。

 

ただし交渉によっては、5年以上の返済計画が成立することもあります。
事例も多少ありますが、長期返済が成立したからといって生活が楽になるという訳ではありません。
あまりに大きく返しきれない借金は、マイホーム持ちなら個人再生、それ以外なら自己破産という選択肢もあります。

 

任意整理は債務整理と呼ばれる手続きの中でも一番軽い、借金を交渉によって減らす手続きです。
交渉といっても殆どは弁護士や司法書士を間に挟むので、それ程難航することはない場合が殆どです。
とはいえ債権者側が拒否することもできるので、確実に任意整理が成立するとはいえません。
一応知識があれば個人でも可能ですが、その分交渉成功率は下がるのも事実です。

 

交渉によって借金を減額するので、良くも悪くもどうなるかは腕次第です。
払っていた期間と総額によっても大きく変化するので、どれくらい減らされるかは何とも言えません。
びっくりする程減ることもあれば、最低限しか減らないこともあります。
ただし、手続き中は取り立ても利息もストップするので、相談したのが無駄になるという事はほぼありません。
借金が払えないのであれば、とりあえず弁護士事務所を訪ねる事をお勧めします。

 

また例外として、過払い金が発生している事もありますがかなり稀です。
今は過払い金時効のギリギリの期間なので、殆どの場合はもうお金が戻ってくることはありません。

 

任意整理が成立すると、3年〜5年の期間で減額された借金を分割払していくことになります。
これは弁護士と債権者との交渉で払えると判断された返済なので、基本的には返済に苦しむことはないでしょう。

 

メリット

 

当然ながら、借金の減額です。
裁判所を間に挟まず交渉で減額するので、手続きは他の債務整理より早く終わります。
また手続き完了後は利息が加算されないので、返済総額はかなり少なめで済むでしょう。

 

任意整理の計画中、成立後の支払いに関しては利息は掛かりません。
あくまで借りた分を減額して返す形になるので、既に長期返済だった場合は借金が無くなっている(元金は払い終わっている)可能性もあります。

 

少し前は過払い金もあったのですが、現時点ですでに有効期限ギリギリなので殆ど対象者の方はいないと思われます。

 

デメリット

 

ブラックリストに載ってしまい、最低限5年間は融資を受けられなくなります。
これは消費者金融だけではなく、銀行や車の分割払い、クレジットカードの申し込み等ローンが関わる手続きが全て審査に通りません。

 

そして個人的な意見ではありますが、そのペナルティに対し減額は少なめです。
個人再生は最低でも1/3になり、自己破産に至っては完全に借金が帳消しになります。
ペナルティは共通で、単にブラックリストの期間が伸びるだけなので、正直メリットとデメリットのバランスがおかしいのが任意整理です。

 

返せないほどの高額の借金を抱えてしまった場合、マイホーム持ちは個人再生、借家住まいの方は自己破産も考えましょう。
ブラックリスト自体は5年間で終わりますが、5年後からは以前のように借金ができるかというとそうでもありません。
債務整理の情報はブラックリスト以外でも、金融業者の間で独自に共有されてしまうので殆どが審査落ちになります。
借金難易度が高くなるのは、どの債務整理でも同じです。

 

信用情報に任意整理をしたことが記載されます。
これによって5年間のローン・借金は不可で、またその後の審査もかなり厳しいものになります。
一度信用情報に載ってしまうと、金融機関はその情報を独自のデータとして登録します。
5年で信用情報からは消えますが、借りていた金融機関は基本的にずっと任意整理の事実を残します。

 

2回目も不可能ではありませんが、難易度は格段に上がります。
債務整理は、一度限りのやり直しチャンスだと思ってください。

 

任意整理の費用っていくら位?

 

負債額とは別に、弁護士に払う費用のみを計算すると、大体15万円前後といったところでしょうか。
任意整理の場合、借金している件数によって費用を計算するところが多いので、固定額で幾らという金額は明言できません。
1社なら安めで、負債社数が多ければ多いほど費用も高くなります。
1社あたりの金額も特に決まっていません。
とはいえ、弁護士事務所もお客の奪い合いをしている状況ではあるので、異常に高いということも少ないと思います。

 

借金整理をしている状態なので、当然支払いは一括とはいきません。
ほぼ間違いなく分割払いに応じてくれるのですが、そもそも任意整理分の支払いもあるのでかなり厳しい生活になることが多いでしょう。

 

少し前まであった過払い金バブルの時代であれば、払い過ぎた利息分が戻ってくるだけで儲かったなんて事もありえたのですが、今はほぼ無いでしょう。
今CMで過払い金の宣伝をしているのは、過去に完済している人に対し、過払い金分が請求できるかもしれませんよという最後の誘いです。

 

ただし、その金融機関(ほぼ消費者金融)が今も存在していればの話です。
当時の中堅消費者金融は過払い金の支払いでかなりの数が倒産したため、今戻ってくる対象者の方はかなり少ないでしょう。
下手をすれば10年前なので、もう覚えていない可能性も大です。

 

とはいえ、弁護士費用以上に借金総額は高いはずなので、ここは必要経費と割りきって背負いましょう。
債務整理で損をするのは金融業者であり、弁護士も本人も基本的に損はしないのです。

 

 

任意整理するとクレジットカードは持てない?

 

結論から言いますが、任意整理に限らず債務整理後はクレジットカードは持てません。
正確にはクレジットカードの審査に通らないので、申し込むことはできるけれど可能性はとても低いというべきでしょうか。

 

ただしこれは一般的な解釈で、多少の抜け道はあります。
ローン機能のないデビットカードなら持つことはできますし、ショッピング枠が少ない・またはほぼ無いキャッシング系のクレジットカードであれば審査に通る可能性はあります。

 

海外での活動が多い方は、デビットカードをお勧めします。
日本人が外国で現金を持ち歩いているというだけで狙われる理由になるので、カードでなければ危険です。

 

キャッシング系のクレジットカードを持つ際は、債務整理時に利用した消費者金融とは関わりのない企業のクレジットカードを選びましょう。
銀行と消費者金融は意外に繋がりがあるので、事前に調べてからでないと思わぬ審査落ちの可能性があります。

 

しかし文字通り、財布にカードが入っているという事実しかありません。
クレジットカードの強みはリボ払いやお金がない時のショッピング枠ですし、昔ほどカードがステータスとしての価値を持っているかというと疑問です。

 

特別な事情がない限り、クレジットカードは諦めましょう。
現金支払い=手持ち以上は使えないという事でもあるので、金銭感覚を戻す意味でも現金のみの方が安全です。